大阪の1.5次会、会費制結婚式は【1.5次会party】大阪、京都、神戸でご対応!

   

会費制ウエディングが増えている? その理由とは?

投稿日時:2019年1月22日

大阪,会費制の結婚式,15次会,少人数結婚式,梅田

1.5次会Partyのサービス

最近、会費制ウエディングが増えているようです。1.5次会と呼ばれることもあります。会費制とは、あらかじめ会費の金額を新郎新婦が決めていて、その金額をゲストが支払うというものです。新郎新婦から選ばれる理由をまとめてみました。

1) ゲストへの思いやり

ご祝儀制では3万円を包むのが一般的です。結婚ラッシュともなれば、ご祝儀で出費がかさむ、いわゆる「ご祝儀貧乏」となりがちです。そんなゲストを呼ぶのは、「申し訳ない」と、お祝いの場であれ、気にしてしまう新郎新婦もいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、会費制では、3万円よりも低い金額を設定することが多いようです。

金銭的負担をかけず、「気軽に来てほしい」という、ゲストへの思いやりによって、会費制が選ばれます。

ちなみにですが、会費制の場合は、渡すお札は新札でなくていいのです。わざわざ銀行で新札を用意しなくていいのも、ゲストにとっては嬉しいことです。

 

2) カジュアルウエディングが増えている

今までの結婚式とは異なる、かしこまらない、カジュアルな、オリジナルなウエディングを行いたい方が多いようです。

その場合、「立食パーティー」スタイルであったり、「結婚式の二次会よりも豪華であり、披露宴よりもカジュアル」なスタイルが好まれます。

 

例えば、新郎新婦が「結婚式ではなく、二次会のようなカジュアルな気軽な会を開きたいが、ドレスを着たい、おもてなしとして美味しい料理を用意したい」との希望があれば、「二次会よりも豪華であり、披露宴よりもカジュアル」なスタイルの1.5次会を目指すこととなります。

他にも、「披露宴を行いたいが、挙式は行う必要はない、気軽にゲストに来てほしい」との希望がある場合にも選ばれます。二次会と披露宴の良いとこどりのスタイルです。

 

ゲストからご祝儀を頂くのならば、それなりのおもてなしや規模が必要となります。そうではなく、新郎新婦の希望スタイルをかなえたい場合に、会費制が選ばれることが多いようです。

 

3)家族だけの挙式や、海外挙式の、アフターパーティーとして選ばれる。

家族だけの挙式を行った後のパーティー、または海外挙式を行った後のパーティーなどにも、会費制が選ばれることが多いようです。アットホームに挙式を行った後、挙式に呼んだゲスト以外のお世話になった方々に向けて、感謝の気持ちを伝える、結婚披露パーティーとして行われます。

会費制というスタイルは、お金をかけずに伝わる感謝の気持ちかもしれません。

1.5次会でこんな悩みがあれば、1.5次会Partyにご相談ください! 0120-22-2792 営業時間 12:00〜21:00(火曜定休)メールは24時間受付中 メールでのご予約・お問い合わせ

1.5次会Partyでできること 先着3組まで初期費用が無料 他社よりサービス内容が豊富 会場が自由に選べる 実績豊富かつリーズナブルな金額

ただ今お得なキャンペーン中 先着3組まで初期費用が 毎月先着3組様0円に

参加者限定! オンラインアルバム

1.5次会Party Official Blogはコチラ

  • お客様の声
  • よくあるご質問

加盟店募集 1.5次会の会場に利用 させて頂ける店舗様、募集中です 詳しくはコチラ

東京初!結婚式1.5次会party東京 結婚式の1.5次会ならお気軽にご相談ください。

福岡初!結婚式1.5次会party福岡 結婚式の1.5次会ならお気軽にご相談ください。

ラインでご相談

Copyright © 2014 1.5次会Party. All Rights Reserved.